有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

リュミエール

繊細で多彩な音色を自在に操る気鋭の

クラシック・ギタリスト。村治香織参のことを

初めて僕が知ったのは『情熱大陸』でした。

彼女は高校卒業後、最も多感な時期にパリに

留学しており、このアルバムには彼女が吸収した

フランスのテイストが存分に入っております。

ジムノペディ 第1番』から3番。

『亡き王女のためのパヴァーヌ』などのクラシックの名曲を

文字どおりギターで奏でる彼女の力量には本当に

舌を巻いてしまいます。

僕は楽器がまるで駄目で、音譜もいまだに読めずじまいの

『聞き専門』

なのでありますが、数を聞き続けるとそれなりに耳が肥えてきて、

自分好みの曲やアーティストが見つかるというものです。

彼女の実力は2003年11月、英国名門クラシックレーベルDECCAと

日本人としては初のインターナショナル長期専属契約を

結んだまさに『折り紙つき』であることは言うまでもなく、

これからもますますのご活躍を、陰ながら祈るとともに、

いい作品や演奏も行い、作り続けていってくれればなと

願ってやみません。

 

 

 

リュミエール

リュミエール

 

 

広告を非表示にする