有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

天までとどけ

「友達の詩」が異例のロングヒットを記録したシンガー、

中村中のデビューアルバムです。

彼女の経歴に目を通し、

『15歳より独学で身につけたピアノで作曲をスタート。 2005年6月、自主制作盤「友達の詩」発売。 同年2月には岩崎宏美のアルバム「Natural」に楽曲。 2006年6月28日、21歳の誕生日に「汚れた下着」でデビュー。』

と書いてあるのを読んで

「あぁ。彼女はずいぶん壮絶な経歴を歩んできたんだなぁ。」

と思ってしまいました。

このアルバムを聞いていたのは確か20代の中盤あたりのことで、

表題作となっている

「友達の詩」

「私の中の「いい女」」

さらには

「汚れた下着」

も繰り返し聞いてたことを今では懐かしい思い出です。

「手探りで探しながら生きている「若さ」がテーマ」

だそうで、ヒリヒリするような焦燥感と、彼女の歌唱力があいまって、

素晴らしい内容となっております。

彼女の歌声は一度「ナマ」でじっくりと聞いてみたいものです。

 

 

 

 

天までとどけ(DVD付)

天までとどけ(DVD付)

 

 

 

広告を非表示にする