読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

サタデイ・ナイト・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+1

「遊べる本屋さん」のキャッチフレーズで展開されている書店

の元ネタにもなっている名門クラブ・ヴィレッジ・ヴァンガード

での歴史的ライヴを収録した第3弾アルバムであります。

僕はサックスを弾いているアート・ペッパーのことをまったく

知らずにこのシリーズを聞き続けてきたのでありますが、

一度音楽活動から離れたものの、多くの困難を経て再び

第一線に返り咲いて来た方だっただのだな、ということだけは

よくわかりました。

ここでも彼は自らの持ち味であるアグレッシヴさを前面に

押し出したスタイルの演奏をされており、とても聞き応えが

あるものでありました。

最高のメンバーで何者にも囚われることのない自由な演奏。

それこそがジャズという音楽の真骨頂であり、

それを存分に本作でも堪能することができました。

部屋で一人でいるときにこのアルバムをかけて聞いていたので

ありますが、夜、このアルバムを聞きながら

「来し方、行く末」

を考えるのがいいものなのであります。