有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ザ・ビートルズ / 1967年~1970年

ザ・ビートルズ

ベストアルバム。ここでは後半期に製作された

楽曲が収められております。正直な話、赤盤よりもこの青盤のほうを

聞いていることが多いです。4人の個性がくっきりして音楽性の違いが

目立ち始めたり、今までジョン・レノンポール・マッカートニーのどちらかが

作詞、作曲するのに加えて、ジョージ・ハリスン

メロディー・ソングライターとしての

頭角を現し始めたのも、後期からでございました。オープニングの

「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー 」のうねうねぶりに

度肝を抜かれたかと思えば、「 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

にロックバンドの頂点を感じることができ、

「オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ(愛こそはすべて) 」

ジョン・レノンが終生求めた『愛と平和』を今も感じることができるでしょう。

2枚目に入ってからは「バック・イン・ザ・U.S.S.R. 」にバンド崩壊の助長を。

「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」「ヒア・カムズ・ザ・サン 」「サムシング」

にジョージの才能を見ることが出来ることでありましょう。さらに、

自分達のレーベルである『アップル』のビルの屋上で歌われた

「ドント・レット・ミー・ダウン 」やバンド崩壊という避けようものない現実を

『なすがままに』受け入れようとする「 レット・イット・ビー」など、

本当に名曲ぞろいでございました。やはり、ビートルズをはじめて聴く、という方は

この『赤盤』と『青盤』が最初という方が多いのではないでしょうか?

1967~1970【期間限定価格】

1967~1970【期間限定価格】

広告を非表示にする