読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ヤナーチェク:シンフォニエッタ

タイトルでピンときたかともいらっしゃるでしょうが、

今回のテーマは村上春樹の『1Q84』です。

初めて読んだときは久しぶりに小説に三日時間をとられました。

芥川賞とったくらいの小説なら30分くらいで読み終えてしまうので。

ここではさらりとしか触れませんが、内容はスポーツジムで

インストラクターをしながら裏でドメステイック・ヴァイオレンスの

被害に遭った女性の配偶者を暗殺する『青豆』という女性と

小説家を志しながら予備校の数学講師をしている

『天吾』という男性の物語が交互に展開される。というものです。

僕は読んでいる途中でブツブツと物語が途切れるのがイヤだったので、

作者の意図をまったく無視して青豆は青豆、天吾は

天吾の物語を片方ずつ、最後まで読みました。

青豆の話で最後のほうに、青豆の死が暗示されている

描写がありますが、結末は結果オーライです。

後づけで申し訳ありませんが、作中に、今回ここで

紹介しているヤナーチェクの「シンフォニエッタ

という曲が象徴的に使われております。小説を読んでから

曲を聞きましたが、なるほどと思いましたとさ。

 

 

 

 

ヤナーチェク:シンフォニエッタ

ヤナーチェク:シンフォニエッタ

 

 

広告を非表示にする