有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ヴードゥー・ラウンジ

モンスターバンド。ザ・ローリング・ストーンズ

1994年に発表したオリジナル・アルバムです。

この時期のストーンズは、長年ベースを担当していた

ビル・ワイマンが脱退し、ベースにダリル・ジョーンズを

起用し、制作されたとのことです。

前作のオリジナル・スタジオ録音作

『スティール・ホイールズ』以来5年ぶりの

作品です。

僕がこのアルバムを買って聞いていたのは高校時代のことで、

これがストーンズのアルバムを初めて自分で買った経験

なのかなと、文章を書きながら思い出しておりました。

僕も読んだ記憶があるのですが、日本語版CDでは

ストーンズファンである山川健一の書き下ろし

小説も歌詞カードとともに掲載されております。

最初に収録されている

「ラヴ・イズ・ストロング」

「ユー・ガット・ミー・ロッキング」

は時を経た現在でも時々テンションを上げるために

口ずさむことがあります。

発売当初はいろいろと毀誉褒貶があったそうですが、

ストーンズの原点であるブルースを大胆に解釈した

内容の濃さに加えて、『ウォズ・ノット・ウォズ』

などの活躍で知られるドン・ウォズ の息の合った

コンビネーションなどが注目を浴び、

結果的に彼らの音楽的な手腕を知らしめたアルバムと

なっております。

 

 

 

ヴードゥー・ラウンジ

ヴードゥー・ラウンジ

 

 

広告を非表示にする