読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ドアーズ ボックス・セット(1)

これを初めて聴いたのは、高校時代のことで、当時貰った

お年玉のうち、かなりの額を割いて購入したことを

この文章を書きながら思い出しておりました。

60年代音楽シーンを代表する伝説のロックバンド。

カリスマ的存在ジム・モリソン擁する「ザ・ドアーズ

のボックス・セットを2つに分けて再発するシリーズで、

本作はその第1弾です。

今思えば、こういうボックスセットは、先に

オリジナル・アルバムを聴いてから「外典」として

聴くべきであって、イキナリこういうものを聴くのは

余りいいことではありません。

それでも、この2枚組みアルバムは貴重な音源を

収録しており、67~70年にかけてのコンサート/

スタジオ・ライヴ音源+貴重なデモ音源とライヴ音源

であり、ファンにとってはたまらないものであると思います。

その中で僕がよく聴いていた曲は

「ヒアシンスの家(デモ・テイク) 」

「ブラック・トレイン・ソング 」

「ロードハウス・ブルース 」

そして

「ジ・エンド(ライヴ)」

です。

 

 

 

 

ボックス・セット(1)

ボックス・セット(1)

 

 

広告を非表示にする