読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

メイン・オフェンダー〜主犯〜

ローリング・ストーンズのギタリスト。キース・リチャーズ

1992年に発表したソロアルバムでスタジオ・アルバム

としては2作目、4年ぶりの作品です。

スティーヴン・ジョーダンとワディ・ワクテルとの

共同プロデュースのこの作品は、前作のような豪華ゲストも

,曲調も多彩ではないものの、ギターとドラムスの絡みを

中心に硬質のバンド・サウンドをくみ上げており、

骨太なロックを我々に聞かせてくれるのです。

ちなみに、日本版のボーナス・トラックである

「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」は1991年の録音で、

元々はジョニー・ジョンソンのアルバム

『Johnny B. Bad』に収録されていたヴァージョンだそうです。

キース自身はこのアルバムの演奏に参加しただけでなく、

プロデューサーとしてもクレジットされております。

個人的に好きな曲は

『9. ウィル・バット・ユー・ウォント』

『8. ランニン・トゥー・ディープ 』

さらには

『4. ワーズ・オブ・ワンダー 』

がよいです。

 

 

メイン・オフェンダー

メイン・オフェンダー

 

 

広告を非表示にする