読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

トゥルース&ベック・オラ

このアルバムを聴いていたのは高校生くらいのころで、

その後僕はギターをやるかと思えばまったくそういう道には

進まなかったのです…。

しかし、ここ最近はどうもこのアルバムのことを思い出す

機会が多いので、ブログに書いてみることにしました。

エリック・クラプトンジミー・ペイジと共に、『ヤードバーズ

が輩出した『三大ギタリスト』の一人であるジェフ・ベック

このアルバムはジェフがギターのインストゥルメンタルに移行する

前の時期に「ジェフ・ベック・グループ」として活動していた

時期にリリースした2枚のアルバムを1つにしたものです。

このときのジェフ・ベック・グループはジェフ・ベックを中心に、

ロッド・スチュワートをヴォーカルに迎え、現在は

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストとして

活躍するロン・ウッド。さらにはキーボードに

ニッキー・ホプキンスを迎えるなど、多士済々のメンバーで構成され、

さらに「トゥルース」の方には、ジョン・ポール・ジョーンズまで

参加していているという驚くべきことで、今にして思えば

なぜこんな豪華なメンバーが彼の元に集ったのか不思議でなりません。

個人的に好きな曲はエルヴィス・プレスリーのカヴァーである

『ジェイルハウス・ロック(監獄ロック)』

と、ラストに収録されている

『ライス・プディング』

というインストをよく聴いておりました。

 

トゥルース&ベック・オラ

トゥルース&ベック・オラ

 

 

広告を非表示にする