有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

エレクトリック・レディランド

60年代を代表するロック・ミュージシャン。

ジミ・ヘンドリックスの3rdアルバムです。

あまりにも有名なので僕がどうのこうのということは

必要ないのかもしれませんが…。

このアルバムが傑作たるゆえんはジミの体を通して

自家籠薬中となった。ロック、ブルース、サイケデリック

ファンク、ジャズ、ソウルなどといった様々な音楽性を

取り入れ、彼独自の「芸術」へと昇華させたことに尽きるでしょう。

アルバムのタイトル曲となっている『エレクトリック・レディランド』

や、ジミの代表的な曲のひとつとなる『ヴードゥー・チャイル 』と

ヴードゥー・チャイルド(スライト・リターン) 』。この2曲は

ライブ演奏のたびにアドリヴのアレンジが入り、それぞれが違った

曲に聞こえるわけですが、「ルーツ」はここにあるということを

教えてくれます。

そのほかにも、ボブ・ディランのカヴァーである『ウォッチタワー 』は

何度聞いてもしびれますし、ノエル・レディングの作った

『リトル・ミス・ストレンジ 』も、個人的にはお気に入りです。

こういう『輝くような一瞬』を放つ人間はえてして「短命」で

あることを裏付けるような作品でもあるのですが…。

それを差し置いても、できれば10代のうちに聞いておきたい

アルバムのひとつではあるまいかと思っております。

 

 

広告を非表示にする