有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

LAST TEENAGE APPEARANCE

夭折のロックミュージシャン。尾崎豊が10大最後のツアーの

通算4度目の代々木オリンピック・プールでのライヴの模様を

収録した、1987年発表の2枚組アルバムであります。

このアルバムは正直なところ、僕が彼の作品の中で唯一、

レンタルで借りて聴いていたもので、ファンにとっては

あまりほめられたものではないことは重々承知の上で

この記事を書かせていただきます。

ライブの最中のMCで、

「ここにあつまってきてくれたお前らの中に、俺と一緒に

本物の愛や真実をみつめようと歩いてゆく連中がいる

ならば、俺はそいつの為に命を張る」

といったことが大変な物議をかもし、

「新興宗教の集会」

とまでかかれたことは有名な話で、いまだに僕もそのときの

映像を見てしまうと、つい彼の世界に引き込まれそうで

とても難儀しております。

「街の風景」のスローバージョン、弾き語りでの「シェリー」

他、彼が10代で生み出した代表作が13曲収録されており、

「若さ」というものを漲らせてライブをしていた彼の

在りし日の姿が目に浮かんで、目頭が熱くなってしまうのです。

 

LAST TEENAGE APPEARANCE

LAST TEENAGE APPEARANCE

 

 

 

 

広告を非表示にする