読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ベスト落語 十代目 金原亭馬生 「笠碁」「あくび指南」

古今の名作落語を収録した『ベスト落語』シリーズ。

本作品に収録されているのは金原亭馬生 師匠が演じる

「笠碁」と「あくび指南」であります。

真打に昇進したのは19歳のころのことだそうで、

これは戦後の最年少記録なのだそうです。

他界されたのは54歳のことだそうで、現在の感覚で言えば

早逝なのかもしれません。

「笠碁」はよく落語の題材になるのだそうで、二人の

囲碁好きが交わすやり取りの中に、長雨の降る様子が

にじみ出ているのが印象的でした。

「あくび指南」はこれを聞く前に名前だけは聞いていたので、

まじめな顔をしてあくびのやり方を教える師匠と、

それを教わってもなかなか演じることのできない弟子との

対比構造にあるところで、ここでは志ん生師匠の

スタイル、教わるほうが脱線してしまうというやり方を

踏襲しているのだそうです。

最近ビジネス雑誌でも高座に通うビジネスマンがいて、

落語の要素をビジネスに取り入れようという趣旨の

特集が組まれていたことを思い出しました。