読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

五嶋龍 リサイタル

日本を代表する若手ヴァイオリニスト・五嶋龍氏の

アルバムです。ハーバード大学を卒業し、本格的に

演奏活動を開始したときのもので、僕はこれを聞き

ながら、端正なルックス。卓越したヴァイオリンの

技量。ハーバード大学卒業という学歴、それに加えて

松涛館空手も二段の腕前を持つパーフェクトぶりに

「おいおいおい、神様は一人の人間に『何物』

与えれば気が済むんだよ…。」

という思いが半分と、それでも五嶋氏の奏でる

ヴァイオリンの音色に素直に感動してしまう

二つの自分がございました。

本作は音楽の殿堂・NYカーネギーホールで行われた

コンサートの内容をほぼ完全に再現する形でスタジオ

録音でその翌日に完成させたものだそうです。

収録作品はプロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ

ヴァイオリンのしまれている

「愛の悲しみ」「美しきロスマリン」などが収録され、

躍動感と綿密な構成が両存する稀有なつくりと

なっております。

素晴らしい1枚でございました。

 

リサイタル

リサイタル

 

 

広告を非表示にする