読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ラバー・ソウル

このアルバムはザ・ビートルズが1965年

12月3日に発売したイギリス6枚目のオリジナル

アルバムでございます。製作時の

エピソードとしてレコーディングは

一ヶ月程度でませたということであります。

ビートルズは結成当時はライブバンドでしたが、

いくらライブで当時最新鋭の機材を使っても

会場全体の嬌声で自分達の歌声がかき消される

という現状に嫌気が差し、スタジオで様々な

音楽的実験をするという中期の作風に

なっていくわけでありますが、このアルバムは

その中期ビートルズの最初のアルバムで

ございます。

初めて聴いたのは高校か大学時代の間だと

記憶しているのですが、詳しいことは忘れ

ました。

しかし、何度聴いてもその素晴らしさは

色あせることはなく、新しい発見が

あるのです。

後に村上春樹の小説のタイトルにもなった

ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) 』

や、バックコーラスでひたすら

「おっぱい」

を意味する言葉を連呼する女性賛歌の

『ガール 』

懐かしい場所を回顧録的に歌った

『イン・マイ・ライフ 』

など、どれも聞き応えのある曲が満載で

あります。

初めて聞くというビギナーも、

ビートルズを語らせたら人には負けん!」

と豪語する人間も、そのどちらをも受け止める

包容力のある1枚でございます。

 

 

ラバー・ソウル

ラバー・ソウル

 

 

広告を非表示にする