読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ハートに火をつけて

本作は1960~1970年代のアメリカン・ロックの歴史の中で

独特の魅力を放ち、根強い人気を誇るザ・ドアーズ

デビュー・アルバムです。僕がドアーズを聞いていたのは

ちょうど高校時代のことで、暗黒に塗りつぶされた高校生活のうち、

こういう音楽や映画、本にどれだけ救われたのか、感謝しても

し足りないわけでありますが、それをこうして紹介できることに

誇りを持っております。

1967年に発表され、現代でもテレビを見てみると時々、この

アルバムに収録されている楽曲が使用されているのを耳にすると、

改めてドアーズ持つ影響力に驚かされます。

タイトルにもなっている。「ハートに火をつけて」

や「ブレーク・オン・スルー」も名曲でありますが、

やはりそのハイライトは映画『地獄の黙示録』でも印象的に

使用され、「オイディプス王」の神話をモチーフにした

「父親を殺し、母親を犯す」

という衝撃的なテーマで描かれる難解な詩を

カリスマ的魅力を持ったヴォーカルのジム・モリソンが

凄艶に歌い上げる…。これを何度聴いているか分かりませんが、

未だに『ジ・エンド』のイントロが流れると僕は背筋に

鳥肌が立つのです。

 

ハートに火をつけて

ハートに火をつけて

 

 

 

広告を非表示にする