読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

野口雨情傑作選-赤い靴-

ぼくが野口雨情のことを知ったのは、確か中学時代の

ことで、現在でも愛唱されている童謡や歌謡曲

たくさん書いていらした詩人であることをこのアルバムを

聴いて改めて良くわかりました。歌詞をよく

聴いてみると、野口雨情は2012年に生誕130周年を迎えた

そうでありますが、そのノスタルジックで情緒あふれる

世界観は今でも全く色褪せてはおりませんでした。

1曲目に収録されている『赤い靴』も歌われている女の子

にはモデルがいたそうで、彼女はアメリカの宣教師に

養女に出されたのだそうです。

『黄金虫』も思い返しては時々口ずさんでみる

歌の一つでありまして、雨情の父が死後、家が没落して

日々の暮らしに追い立てられ、「持てる者の悲哀」を

味わったという全く歌の世界とは真逆の環境から

産まれたのだということを聞いて、衝撃を受けました。

『シャボン玉』も長女であるみどりを失ったという

悲しみから生まれた歌で、「消えた」という言葉が

4回も使われていることに

「そういうことだったのか…。」

と思ってしまいました。

少しこういうアルバムを聴くのはある種の「気まぐれ」

でありましたが、その結果はどうやら『吉』と

出たみたいでありました。

 

野口雨情傑作選-赤い靴-

野口雨情傑作選-赤い靴-

 

 

 

広告を非表示にする