有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

クロッシングス

僕はブックレットを読むまではまったく知りませんでしたが、

このレッド・ガーランドというジャズメンは1977年に復帰

するまでに長らく音楽活動から離れていたのだそうですね。

本作は彼の再起第1作だそうで、マイルス・デイヴィス・グループ

ゆかりのメンバー、ドラマーのフィリー・リー・ジョーンズ。

ベースのロン・カーターとトリオを組んで作ったアルバムです。

僕がジャズやクラシックを聞いて良いか悪いかの判断基準は

「聞いていて耳障りがいいか?」

ということと、読書やその他もろもろの雑事をしていて

邪魔にならないか?ということぐらいなモノなので、

ここ最近書いていてまったく専門性がないなぁと、

苦笑せざるを得ないのですが、これはとてもイイもので、

それらの条件にピタリ一致するのでありました。

収録楽曲は

1. ソーラー

2. レイルロード・クロッシング

3. ネヴァー・レット・ミー・ゴー

4. オレオ

5. バット・ノット・フォー・ミー

6. ラヴ・フォー・セール

の6つで、一気に1枚通して聞くもよし、1つの曲をリピートして

聞くも良しでございました。

 

 

 

広告を非表示にする