有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ドヴォルザーク:弦楽四重奏のための「糸杉」他

このアルバムは昨日の夜に聞いておりました。

ドヴォルザークといえば交響曲『新世界』などが

メジャーどころでありますが、こういう

弦楽四重奏曲も素晴らしいものがあり、これを聞きながら

コーヒーを口にするのはこの上もない至福の時間で

あるということを実感いたします。この記事を書くために

ブックレットをぱらぱらと読んでいたのでありますが、

このパノハ弦楽四重奏団という楽団はチェコ

結成され、40年以上もの長きにわたって活動し、

国際的な名声を博しているのだそうで、僕はこれを

聞くまで全く知りませんでしたが、その経歴を見ると、

全員が全員、楽曲を幼少のころから、

音楽の専門化に個人的に師事していたり、専門の

音楽院で学んでいたりと、クラシックという音楽の

ジャンルは、才能に加えて、幼少期からの専門的な

訓練があってのものなんだな、ということが

つくづく良くわかりました。ただ、クラシック音楽

市場規模が年々縮小しているそうで、

こうした演奏家が生活に窮しはじめているという、

話をチラホラ耳にすることがあるので、

できたらそういうことがないように祈るのみで

あります。

 

ドヴォルザーク:弦楽四重奏のための「糸杉」他

ドヴォルザーク:弦楽四重奏のための「糸杉」他

  • アーティスト: イルジー・パノハ(vn),パノハ弦楽四重奏団,パヴェル・ゼイファイルト(vn),ミロスラフ・セフノウトカ(va),ヤロスラフ・クルハン(vc)
  • 出版社/メーカー: カメラータ・トキョウ
  • 発売日: 2010/06/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

広告を非表示にする