読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

アイズ・ワイド・シャット オリジナル・サウンドトラック

巨匠・スタンリー・キューブリックが生前

最後に監督した映画

アイズ・ワイド・シャット

僕はキューブリック監督の映画を

高校時代に見て、大きなショックを受けていて、サントラもいくつか

購入していたわけですが、その中の1枚がこれでありました。

なぜこれについて書こうかと思ったきっかけはエンディングに

流れているショズタコーヴィチの『ジャズ組曲ワルツ2番』を

別な箇所で聞いたことでした。それで当時のことを

思い出したのです。

主題歌であるクリス・アイザックの

『バッド・バッド・シング(ニュー・ヴァージョン)』はなんと、

当時夫婦であったトム&ニコールの本番セックスを見せ,

主題歌を書かせたという衝撃的なエピソードを聞いて、

メチャクチャびっくりしております。その他にも不安をあおる

ピアノの曲や、『秘密の仮面セックスパーティー』で流れる曲も、

映画の内容にふさわしく、この文章を書いていて映画も見直して

見たくなってしまいました。

 

アイズ・ワイド・シャット オリジナル・サウンドトラック

アイズ・ワイド・シャット オリジナル・サウンドトラック