有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

(無題) 尾崎豊

俗に『ホワイトアルバム』と呼ばれる、夭折のロックシンガー。

尾崎豊が10代の頃、デビュー前に自宅や小さなスタジオで

録音された音源をマスタリング、CD化したものです。

記憶によるとこのCDを初めて聞いたのは高校時代のことで、

それ以前からもずっと彼の音楽を聴き続けてきたのですが、

あまりにも「生々しい」音源であったことを記憶しております。

構成は彼の生歌と一本のギターで息遣いが聞こえてきそうな

歌声と、感情を叩きつけたようでいて、入念に練り上げられた

歌詞世界はこの頃からすでに存在していたのだなと思うと、

彼はまさに『早熟の天才』であったんだなぁと、この文章を

書きながらそんなことを思い返しておりました。

収録曲は

1.もうおまえしか見えない   5:05
2.町の風景   5:35
3.Street Blues   6:24
4.ダンスホール   4:34
5.秋風   5:00
6.酔いどれて   5:01
7.弱くてバカげてて   4:07

作詞/作曲/演奏/録音:尾崎 豊

で生前発表されたものとアレンジや歌詞が違っていたり

するわけですが、それぞれが独立して存在しており、

彼が『生きた証』を永遠にこの世に留めてくれる1枚です。

 

(無題)

(無題)

 

 

広告を非表示にする