読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ベスト落語 五代目 柳家小さん 「狸」「禁酒番屋」

五代目・柳家小さん師匠の演じる

「狸(たぬき)」「禁酒番屋(きんしゅばんや)」でございます。

柳家小さん師匠のことは落語を扱ったマンガ『どうらく息子

で知ったかどうかはおぼろげなのですが、名前だけは存じ上げて

いたのです。しかし、ブックレットに掲載されている略歴を

読んでみると、昭和11年に所属した麻布第三連隊が世に言う

『2・26事件』の『反乱軍』に入れられて、警視庁を占拠し、

その懲罰人事の意味あいで旧満州チチハルというところに

行かされると言うなかなかヘヴィな生涯が書かれてあって、

本当にびっくりしてしまいました。そこから除隊と入隊を

繰り返し、芸を磨いてきたのだなということが推察されます。

そこから「笑い」を追求する生き方は、なんとも

壮絶だったのだなと、昨日このCDを聞いていたときはただ

笑うだけでしたが、こうして文章にしているときに、

また別な感情が巻き起こってまいりました。

『狸』罠にかかって助けられた狸が恩返しをするために

紙幣に化けるという噺でしたが、ある種の『おとぎ話』

のなかにも人間の持つ『悲哀』がにじみ出ているように

感じました。

『禁酒番屋』ブックレットによると、元々は上方の

噺なのだそうで、もうひとつのタイトルは『禁酒関所』

(これは上方で言うらしい。)

しかし、ここでは上方色というものがいっそうされていて、

「そうだったのか!」

と驚きの念がございました。

じっくりと腰を落ち着けてこういう噺に耳を傾けるのは、

なんとも贅沢な時間でございます。

 

ベスト落語 五代目 柳家小さん 「狸」「禁酒番屋」

ベスト落語 五代目 柳家小さん 「狸」「禁酒番屋」