有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

孤独なランナー

尾崎豊が高校時代、一人教室の片隅でウォークマンで聞いていた

アーティストの一人で、彼曰く『街の風景』はここに収録されている

孤独なランナー』のオマージュであるということ、インタビューで

話していたことを思い出しました。僕もこれをよく聴いていたのは

高校時代のことで、表題曲である『孤独なランナー』は映画

フォレスト・ガンプ』でも使用されていた楽曲のひとつです。

ジャクソン・ブラウンにとっては通算5作目で、カヴァー曲や、

ツアー中のホテルやバスでの練習がてらの演奏なども

収録されているという試みを施したもので、ツアーで移動中の

音源もあって、今思い出しても前衛的だなぁと感じます。

個人的には最後のほうに収録されている

『ザ・ロード・アウト』と『ステイ』この2つの曲はセットで、

ツアーに明け暮れて、自分が今どこの街にいるのかも

わからないけれど、バックステージで観客たちのざわめきを

聞くたびに自分がなぜここにいるかを思い出すんだ。という

歌詞の内容と、『ステイ』でステージは終わったけれど、まだ

演奏したい、という観客と一体になる演奏が素晴らしいです。

シンプルな音と、深い歌詞。普遍的なものを感じます。

 

孤独なランナー

孤独なランナー

 

 

広告を非表示にする