読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

レッツ・トーク・アバウト・ラヴ

歌姫、セリーヌ・ディオンによる英語アルバムとしては

5枚目の作品になります。彼女といえば、映画

タイタニック』の主題歌である

『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』がまず連想されると

思われますが、なにぶん僕自身もまた、そのクチで

ございます。これを聞きながら思い出したことがまず一つ

ありまして、それは僕が大学時代に受けていた英語の

講義で、その先生の名前は残念ながら失念して

しまいましたが、その授業では毎回終わりの方になると、

一曲、その先生が選んだ洋楽をかける事になっていて、

その一つが「マイ―」であったことでありました。

その際には曲やアーティストの背景も語られて

いたのですが、その先生の話によると、

セリーヌ・ディオンのルーツはフランス系のカナダ人だ

そうで、彼女の話し方や歌声にはフランス語の『訛り』

があるのだそうで、これがアメリカ男たちにとっては

強烈な『萌え』ポイントになるのだそうです。僕は

この話を10年ほど忘れていたのですが、今回これを

聴いていた時に

「あぁ、そういうのもあったっけな」

ということを思い出しました。

さらに、参加しているアーティストやミュージシャン

たちも豪華絢爛で、

バーブラ・ストライザント。

ルチアーノ・パヴァロッティ

ジョージ・ハリスンなど、キラ星のような人間がおり、

とても驚いてしまいました。ちなみにこのアルバムは、

アメリカ用。カナダ用。ラテン・アメリカ用。その他

ヨーロッパや日本向けの景パターンあり、世界に向けて

大きく飛躍しようとする彼女の意気込みを感じさせる

ものでありました。

レッツ・トーク・アバウト・ラヴ

レッツ・トーク・アバウト・ラヴ

広告を非表示にする