読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ハンク・ジョーンズ~ザ・グレイト・ジャズ・トリオ~ / ラスト・レコーディング

毎度のことでございますが、僕はジャズを聴いているときは

アーティストのことはほとんど知らない、もしくは

名前くらいは…。という程度の事前知識しかなく、聴き終えて

背景を調べて書いているというなんとも『泥縄』のブログ記事で

ございます。今回聞いていたハンク・ジョーンズのこの

アルバムは、ハンク・ジョーンズが東京のソニー・ミュージック

乃木坂スタジオにて、2010年2月24日に録音したのだそうで、

ハンク・ジョーンズの生前最後に収録した音源なのだそうです。

競演しているミュージシャンも急遽飛び入り参加していたり、

有名なミュージシャンの薫陶を受けているという方もいたりと、

聴き終えた後にこういう事実を知るたびに、

『あぁ、やっぱりこのアルバムは真の芸術

足りうるものなんだなぁ』

という感慨を抱いてしまいました。

話は変わりますが、彼はとても日本で愛された

ジャズメンだったのだそうですね。大往生といえば

大往生なのですが、本当に彼の才能は惜しまれてなりません。

『8. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』は

スタンダード・ナンバーながら、このアレンジを聞いて、

また新たな感動がありました。

ラスト・レコーディング

ラスト・レコーディング