読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ブルー・インタールード

僕がウィンストン・マルサリスを聞くように

なったきっかけは作家の平野啓一郎氏の

影響によるものが大であります。

マイルス・デイヴィスをこよなく愛する平野氏は

著作の中で様々な音楽を吸収し、最終的にはジャズの

範疇からも飛び出していった

マイルスに対し、ウィンストン・マルサリスは

かたくななまでに伝統的なジャズの

スタイルを墨守するジャズメンであるという趣旨の

文章を読んだことでありました。

僕はこのアルバムを一切の予備知識なしで

聞いたわけですが、印象のみで語ると

本当に「オトナ」の聞くようなアルバムで、

こういう曲が流れているような

喫茶店でダッチアイスコーヒーでも飲んで文庫本を

読むような午後があるならば、

それはとても贅沢な時間であろうなぁと

思ってしまいました。一応、背景的な

ものを簡単に記しておきますと、

マルサリスがブルーノート移籍後の

第5作なのだそうです。彼自身による詩の

朗読をするという衝撃的なオープニングから

始まるわけですが、実際演奏が始まると70分以上にも

わたる演奏時間でしたが、

一気に聞き終えてしまうものでありました。

正直、ジャズは門外漢だという意識が

ありましたが、これを機会にもっとアルバムを

聞き進めていければと思っております。

ブルー・インタールード

ブルー・インタールード

  • アーティスト: ウイントン・マルサリス・セプテット,ウイントン・マルサリス
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1992/06/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

広告を非表示にする