有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

カム・トゥデイ

日本を代表するサックス・プレイヤー、渡辺貞夫氏が本格的な演奏活動を始めた

1951年から、60周年となる2011年にリリースされる記念アルバムです。これを手にしたのは

まったくの偶然で、渡辺氏が世界的なジャズメンであることは知っておりましたが、

本格的に演奏を聴くのはこれが初めての体験でございました。彼の弾く心に染み入るような

サックスの音色と、ジェラルド・クレイトンのピアノがあいまって、オトナのアルバムだなぁと

そんな感想を持ってしまいました。僕は正直言ってジャズにはあまり詳しくないのですが、

これを聞き終えた後で、アルバムの中に入っている渡辺氏のコメント

冬の土の奥に
芽生えのときを待つ生命があるように、
悲しみや困難を乗り越えた先には希望があります。
「痛みの度合いは 喜びの深さを知るためにある」
これはチベットの格言ですが、
僕のそうした想いを、このアルバムに
感じてもらえればと願っています。

を見たときに深い感動が静かに沸き起こってくるのを感じました。

これを録音した時の渡辺氏の年齢は78歳ということを知って改めて衝撃を受けました。

特に曲目の最後に収録されている『ララバイ』はこのアルバムに出会えて、

心からよかったと思える曲であると心からそう思います。

カム・トゥデイ

カム・トゥデイ

 

広告を非表示にする