有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

ザ・ベスト 懐かしの歌声(上) ~戦前編~

累計実績20万枚のコロムビア定番シリーズ『ザ・ベスト』の戦前編です。

これを聴きながら読書をしておりました。とてもいい気分になれました。

収録されている楽曲は

アラビヤの唄 / 二村定一、天野喜久代
蒲田行進曲 / 川崎 豊、曽我直子
モン巴里 / 宝塚少女歌劇花組スター連
すみれの花咲く頃天津乙女、門田芦子、宝塚少女歌劇月組生徒
酒がのみたい / バートン・クレーン
アリランの唄 / 淡谷のり子、長谷川一郎
山の人気者 / 中野忠晴とコロムビア・リズム・ボーイズ
並木の雨 / ミス・コロムビア
小さな喫茶店 / 中野忠晴
花言葉の唄 / 松平 晃、伏見信子
愛国の花 / 渡辺はま子
旅の夜風 / 霧島 昇、ミス・コロムビア
シナの夜 / 渡辺はま子
一杯のコーヒーから / 霧島 昇、ミス・コロムビア
なつかしの歌声 / 藤山一郎、二葉あき子
湖畔の宿 / 高峰三枝子
蘇州夜曲 / 霧島 昇、渡辺はま子
南から南から / 三原純子
お使いは自転車に乗って / 轟夕起子
夜来香 / 李 香蘭

というもので、歌を聴けば『あぁ、あの歌か』と思うこと請け合いであります。

時代は戦争へ突入するくらい時期でも、歌に描かれている情景はどこまでも明るくて

その辺はとてもびっくりしたことを覚えております。

『酒がのみたい / バートン・クレーン』や

『一杯のコーヒーから / 霧島 昇、ミス・コロムビア』

には特にそれが伺えました。『蘇州夜曲』は以前とある機会があって聞いたことがあり、

この歌がさまざまな人によってカヴァーされていることもそのときに知りました。

今聞いてみるとここに収録されている曲はすべて『懐メロ』ですが、

『歌は世につれ、世は歌につれ』

という言葉の意味を感じさせるには十分なものであるかと思います。

ザ・ベスト 懐かしの歌声(上) ?戦前編?

ザ・ベスト 懐かしの歌声(上) ?戦前編?

 

 

広告を非表示にする