有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

グリーグ&シベリウス:北欧音楽の新伝説 2

これを手にとって聞いたきっかけはまったくの偶然でした。

札幌には4年住んでいたことがあるので土地勘があります。

ここでは通常の札幌コンサートホールでの収録ではなく、

札幌芸術の森アートホールでのセッション録音で、

高音質なSACDハイブリッド盤での楽曲が収録されております。

場所を聞いて『あぁ、なるほど。あそこかぁ』と思ってしまいました。

収録楽曲は

1. 抒情組曲 作品54 I.羊飼いの少年
2. 抒情組曲 作品54 II.ノルウェー農民の行進曲
3. 抒情組曲 作品54 III.夜想曲
4. 抒情組曲 作品54 IV.トロルの行進
5. 二つの悲しい旋律 作品34 I.傷ついた心
6. 二つの悲しい旋律 作品34 II.過ぎにし春
7. 二つの荘重な旋律 作品77 I.聖歌「喜べ、わが魂よ」
8. 二つの荘重な旋律 作品77 II.献身「わが真なる心より」
9. 交響詩「ポヒョラの娘」 作品49
10. 交響詩「夜の騎行と日の出」 作品55

11. アンダンテ・フェスティーヴォ

というラインナップで、曲一つ一つの背景はライナーノーツで

理解したものの『あ、この曲はどこかで聞いたことがある』

というものが散見出来てよかったです。僕個人はこのブックレットで

初めて名前を拝見させていただきましたが、三浦洋氏による秀逸な

解説が載せられています。これを読むとなおいっそうのこと理解が

深まるかと思います。トラック7-8に収録されているシベリウス作曲の

『二つの荘重な旋律』における、札響首席チェロ奏者である

石川祐支氏の見事なソロも聞き応えがある演奏でございました。

グリーグ&シベリウス:北欧音楽の新伝説 2

グリーグ&シベリウス:北欧音楽の新伝説 2

広告を非表示にする