読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

フロム・ザ・マディ・バンクス・オブ・ウィシュカー

伝説のロックバンド、ニルヴァーナ

そのフロントマンである

カート・コバーンの衝撃の死から

残されたメンバーである

クリス・ノヴォセリックとデイヴ・グロールによって

選曲がなされ、発表された

コンピレーションアルバムです。

収録されている楽曲は1989年からの1994年までの

ライブ音源からクリスによって選曲が行われ、

ライナーノーツも執筆されているのだそうです。

さっきこれを書くために久しぶりに聞いておりました。

確かこれは『MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク』と

同時発売で、コンセプトではこれと2枚組みになる

予定だったそうですが、カートの死による悲しみで

当時に選曲をすることは出来なかったというのがその

真相なんだそうです。

『MTV』が「静」だとするならばこのアルバムは「動」

という表現がぴったり来るもので、もともとライヴバンドで

ある彼等の真骨頂が遺憾なく発揮されている疾走感に

あふれたアルバムであると思います。

カート・コバーンの『魂の叫び』から始まる「イントロ」

からデイヴのドラムが炸裂する「スクール」

永遠のアンセムとして鳴り響く

スメルズ・ライク・ティーン・スピリット

このアルバムではじめて日の目を見ることが出来た

「スパンク・スルー 」

『イン・ユーテロ』よりも疾走感にあふれた演奏である

「セントレス・アプレンティス」

ライヴ版のオリジナルアレンジによる「ポーリー」

何回も聞いていると曲の陰鬱な

世界と激しい音の世界に

おもわずクセになってしまう「ブルー」など、

はじめから終わりまで一気に聞かせる

ライヴ・アルバムであると思います。

フロム・ザ・マディ・バンクス・オブ・ザ・ウィッシュカー

フロム・ザ・マディ・バンクス・オブ・ザ・ウィッシュカー