有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

グレイテスト・ヒッツ VOL.2

高校時代から僕は洋楽アルバムを聞き始めたのですが、

その仲でも良く聞いていたもののひとつが、このクイーンでございました。

そのベストアルバム第2弾です。ここでは後期の楽曲が収録されていて、

『オペラ・ロック』と評された彼らの表現スタイルが如何なく発揮されております。

収録されている楽曲はアルバム『ホット・スペース』から『イニュエンドウ』

(いわゆる後期クイーン)より選ばれた17曲で、ヴォーカルの

フレディ・マーキュリーがエイズによって他界する一ヶ月前にリリースされた、

いうなれば彼にとって『遺作』というべきアルバムなのかもしれません。

イギリス国内では現在までに360万枚を売り上げ、

イギリス史上7番目に売れたアルバムであるそうです。その理由も頷けます。

オープニングに収録されている『カインド・オブ・マジック』の素晴らしさや、

『アイ・ウォント・イット・オール』の勇ましい曲展開。逃れることの出ない『死』という

運命に立ってフレディ・マーキュリーが描いた『イニュエンドウ 』途中に流れる

スパニッシュ・ギターのソロはプログレシッシブ・ロックバンドの『YES』のメンバーである

スティーブ・ハウによるものなのだそうです。それと同じ流れをくむ

『ショウ・マスト・ゴー・オン』これも聞いていてなかせる曲です。華麗な曲でサビの

『ショーは続いていく』

というコーラス部分を歌うときに、一体フレディ・マーキュリー

何を考えていたのでしょうか?そして日本版の

ボーナストラックに収録されている

『ボーン・トゥ・ラヴ・ユー』これはこの作品はフレディの死後

に、残る3人­が完成させたクイーンバージョンです。

木村拓哉が主演した『プライド』というテレビドラマや、

複数のCMに使われたことがあるので、

聞いたことがあるという方も多いのかもしれません。とにもかくにも

何度聞いても飽きの来ない素晴らしい楽曲が勢ぞろいなので、これを聞いてから、

彼らの残した偉大な軌跡を辿るために、それぞれのオリジナルアルバムを

聞いてみるというのも一興ではないでしょうか?

グレイテスト・ヒッツ VOL.2

グレイテスト・ヒッツ VOL.2

広告を非表示にする