有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

グレイテスト・ヒッツ (クイーン)

僕がクイーンを聞き始めたのは

とある車のCMがきっかけで、

使われていた楽曲が彼らの

代名詞である『ボヘミアン・ラプソディ』で

あるからでした。印象的なメロディーと歌詞が

耳の残ったのでこのアルバムを

手に入れて聞いてみると

『あ、これ聞いたことある』と思う曲ばかりで、

本当にビックリしたことを覚えております。

もともと発売されたのは1981年のことで、

これがクイーンにとって最初のベスト・アルバムであり、

以降Vol.3まで発表されたのだそうです。

収録されている曲は、

ファースト・アルバムの『戦慄の王女』から

フラッシュ・ゴードン』に加え、

このベスト・アルバムに先立って発売された

先行シングルの「アンダー・プレッシャー」までの

期間から名曲ばかりを

集めたもので、英国市場で最も売れた

ベスト・アルバムだという話も頷けます。

モーガン・スパーロック監督の

出世作となった『スーパーサイズ・ミー』の

冒頭で流れていた『 ファット・ボトムド・ガールズ』

これがかかってくると

無条件にノリノリになってしまう『ドント・ストップ・ミー・ナウ』

アンディ・フグが試合にあがる際の

入場曲として有名な『ウィ・ウィル・ロック・ユー 』や

永遠の名曲『伝説のチャンピオン 』

そして、大の日本びいきであった彼らが歌った

『手をとりあって (日本盤のみのボーナス・トラック)』など、

本当に『ベストアルバム』にふさわしいアルバムであると思います。

グレイテスト・ヒッツ

グレイテスト・ヒッツ

広告を非表示にする