読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有坂汀の音楽レビュー

私、有坂汀が今まで聞いていた音楽や、最近お気に入りの音楽をアルバム中心に紹介するブログです。

シンドラーのリスト ― オリジナル・サウンドトラック Soundtrack

ホロコースト題材にしたスティーブン・スピルバーグ監督の

映画で、作曲はスピルバーグ監督の映画でもおなじみの

ジョン・ウィリアムズが担当しております。

この映画を始めてみたのは確か中学生ぐらいの頃だったかなと

おぼろげな記憶をたどってみるのですが、

今思えばずいぶんマセていたのかなと、中年になった

僕は思うのでした。

このサントラは折に触れては聞きたいアルバムの一つでありまして、

特にヴァイオリニストのイツァーク・パールマン

(彼もまたホロコーストの犠牲者で下半身不随)

によるテーマ曲は理屈抜きに魂に訴えかけるような畢生の

演奏です。

そのほかにも「ゲットー」が解体されるときに流れていた

子どもたちによる合唱曲や、シンドラーによって救われたユダヤ人

たちが希望の地へ向かう『黄金のエルサレム』なども収録されており、

流すたびに映画の内容が思い出されます。

シンドラーの相棒役である会計士のシュルテンがユダヤ教の経典である

「タルムード」の一節

「一人の命を救うものは、全人類を救うことができる」

の言葉を思い出しました。

 

 

 

 

 

シンドラーのリスト ― オリジナル・サウンドトラック

シンドラーのリスト ― オリジナル・サウンドトラック

 

 

バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年録音)

この人にとって始まりと終わりは同じところにあった。

そんなことを僕に感じさせたアルバムです。

伝説のピアニスト、グレン・グールドは1955年にこの作品の

センセーショナルなパフォーマンスで一躍有名となり、

その26年後。同じ曲を収録し、結果的にそれが「白鳥の歌

となったことはあまりにも有名です。

このグレン・グールドJ.S.バッハの「ゴールドベルク変奏曲」は

かのスティーブ・ジョブズ氏も生前に愛聴していた曲の

一つだそうです。

公認自伝によると、彼のiPodにはこのアルバムと55年の

ヴァージョンが入っていて、ジョブズ氏は81年版のことを

「人間的な成熟を感じる」

という趣旨のことを語っていたことを思いだしました。

僕もまた、幾度も聴き直したい名盤だと思っております。

 

 

 

 

 

バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年録音)

バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年録音)

 

 

冬の散歩道 ~S&Gスター・ボックス

僕がコレを始めて聴いたのは、今からもう何年も前の話で、彼らの名曲である

「明日に架ける橋」が何度目かのマイブームになっていた頃であったと

この文章を書きながら思い出しております。

この作品はサイモン&ガーファンクルの中で誰もが一度は聞いたことが

あるであろうという名曲を網羅した日本独自編集のベスト版です。

「サウンド・オブ・サイレンス」、「スカボロー・フェア」

「59番街橋の歌(フィーリン・グルーヴィー)」

「コンドルは飛んで行く」など。数々のCMやドラマの主題歌や

挿入歌として使われ、聞くものの心をいつまでも魅了して止みません。

 

 

 

 

 

冬の散歩道 ?S&Gスター・ボックス

冬の散歩道 ?S&Gスター・ボックス

 

 

 

THE END OF EVANGELION ― 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版

このサントラを時々いていると、1997年の重く立ち込めた夏に

立ち返ってしまいます。

『旧世紀版』と現在では呼称される

『 THE END OF EVANGELION新世紀エヴァンゲリオン 劇場版』

のサントラです。

その壮絶なトラウマ展開と難解なラストは語り草と

なったわけですが、それを盛り上げるのは作曲を手掛けた鷺巣詩郎氏の

音楽あってこそです。

気分がふさぎ込んでいるときに聴くと鬱が加速すること請け合いですが、

僕も作家の平野啓一郎氏同様

「気分が落ち込んでいるときに明るい曲は聞きたくない。」

口ですので、『三つ子の魂百まで』とはよく言ったものです。

戦略自衛隊によってネルフ本部が襲撃されるときの『他人の干渉』

から、弐号機が量産機と壮絶な死闘を繰り広げるときに流れている

『 管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068~第2曲アリア(バッハ)』

そして、「人類補完計画」が発動され、すべての人間がLCLへと

回帰していく時に流れる

『Komm,su[:]sser Tod~甘き死よ,来たれ』や

実写シーンで流れる

『心と口と行いと命もてBWV147~主よ,人の望みの喜びよ(バッハ)』

など、作業BGMとして聞いていると生産性がガタ落ちしてしまいそうですが、

それはそれでいいやとさえ、思っております。

 

 

 

 

THE END OF EVANGELION ― 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版

THE END OF EVANGELION ― 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版

 

 

わたしを断罪せよ

これはかなり前の話になりますが、『情熱大陸で』

「フォークの神様」の異名を持つミュージシャン、

岡林信康が取り上げられておりました。彼は

大のマスコミ、テレビ嫌いで、テレビ番組に

出ること自体が、とても貴重なことだったのだそうです。

僕が岡林氏のことを知ったのは大学時代で、

ドキュメンタリー監督で作家で森達也氏の『放送禁止歌

という本とドキュメンタリー番組を読んだのがきっかけ

でした。

岡林氏がデビューしたのは学生運動の真っ盛りで、

そのメッセージ性の強い歌は、現在でも放送禁止に

なっているものが多いのだそうですが、

その放送禁止になっている代表曲の一つである岡林氏の

『山谷ブルース』や『チューリップのアップリケ』

なんかを聴いていると、

「なぜコレが放送できないんだ!?」

と首をかしげざるを得ないほど心に響くイイ歌だったことを

現在でも鮮明に覚えております。『情熱大陸』では

その『山谷ブルース』と『チューリップのアップリケ』が

流れておりました。コレを流すことを決断した番組製作者は

相当ハラが座っているとつくづくそう思います。

九段会館で行われた彼のライヴには、漫画家の浦沢直樹氏をはじめ

とする多くの著名人たちがかけつけておりました。

番組の最後のほうで、故美空ひばりが岡林氏に宛てて書いた歌詞に

岡林が曲を書いてレコーディングを姿がありました。

それも、心に染み入るような歌でありました。

本作は岡林氏がリリースしたファーストアルバムで

『手紙』や『それで自由になったのかい』など初期の

代表曲を多数収録されており、岡林氏は本作で一躍

“フォークの神様”“若者の教祖”に祭り上げられるわけですが、

同時に彼の苦悩もそこから始まるのです。

バックを支えるのはジャックス、西岡たかし、中川イサトなど

URC人脈がずらりと並び、そういった意味でも現在では貴重な

「記録」となっております。

 

 

 

 

 

わたしを断罪せよ(通常プラケース仕様)

わたしを断罪せよ(通常プラケース仕様)